業務内容

民事事件

  • 会社法務に関するアドバイス等

     会社経営に関する法的側面でのアドバイスは、顧問会社に限らず、日常的に行っています。又、必要に応じて、経営権争奪について、アドバイス、事件受任も多数行っております。

  • 不動産取引に関する事件

     弁護士が最も頻繁に取り扱う事件であり、多数の経験があります。

  • 建築紛争に関する事件

     建築紛争に関する事件は、時間と手間がかかる事件が多いものですが、豊富な経験があります。

  • 離婚、親権に関する事件

     経験例は離婚、親権に関する事件の詳細をご覧下さい。

  • 相続・遺言に関する事件

     常時、数件の依頼があります。

  • 交通事故による損害賠償事件

     受任範囲や経験例は交通事故による損害賠償事件の詳細をご覧下さい。

  • 医療事故による損害賠償事件

     受任範囲や経験例は医療事故による損害賠償事件の詳細をご覧下さい。

  • 労働事件、労災事件

     労働事件については、従業員側からも会社側からも委任を受けております。

     基本的に、裁判所は、労働者側に甘いと言えます。従って、会社が、雇用する労働者を懲戒解雇しようとする場合、その前に、一旦、軽い懲戒処分をしておいて、それでも、労働者の就労姿勢が改まらない時に、懲戒解雇処分にした場合、裁判所もそれを認め易いといえます。

     労災事件については、会社の過失(安全配慮義務違反)、疾病による後遺症等が問題となりますので、交通事故による損害賠償事件或いは医療過誤事件で身につけた知識、ノウハウをもって対応しております。

  • 破産、債務整理、民事再生事件

     元来、倒産事件は、弁護士が、その法的知識と胆力で、最も依頼者のために活動できる分野です。私も多数の案件を経験しています。

     私は、破産申立の委任も受けますし、それしか手段のない事案もありますが、できるだけ、企業、個人を再生できる方法で取り組んでおります。

  • 多重債務、過払金請求事件

     昨今、話題となっているサラ金等に対する過払金請求事件についても、大々的に宣伝をして看板業務として行っているわけではありませんが、常に数件の事件は受任しております。

  • 知的財産事件

     経験例は知的財産事件の詳細をご覧下さい。

  • 売掛金・貸金回収事件

     弁護士として最も基本的業務ですから、多数の事件の経験があります。

  • 墓地の経営権等に関する事件

     特殊な領域ですが、墓地の経営権争奪等に関する事件は、多数の事件を処理しており、精通しています。

  • その他事件

     経験例はその他事件の詳細をご覧下さい。

刑事事件・少年事件

 年間を通じて、10件程度の事件を受任しています。

 最近始まった裁判員裁判についても、数件の経験があります。